ストーリー:壁

この転換点に立って眺めるとまさに今がwebを活用する絶好の機会であり、時代の一歩前を行くチャンスでもあるのです。
webがただのエンターテイメントツールから社会を変える現実的な道具となっているのです。

■web活用に立ちはだかる壁とは
  つながり合同会社はソーシャルビジネスやNPOとwebの橋渡しができないかと思い設立した会社です。
まず費用的な壁です。ホームページを作るには様々な知識や技術と時間が必要です。
そのため、一つのホームページには高額な費用が掛かります。加えて月々の更新やサーバー保守などの運用費用もかかります。
次に技術的な壁です。ホームページを運用していくうえで必要になるのは、デザインやプログラム、サーバー知識といったものから、seo、webマーケティング等の営業戦略まで知っていなければ なりません。 最後に立ちはだかる壁としてwebで何ができどのように活用していけばいいかというweb戦略の壁があります。
この大きな広い視点に立ったweb戦略は実は画一的なものではありません。それぞれのケースで多種多様なweb利用が必要なのです。
そのためには個々の会社によって、その地域状況、時期によって本当に必要なものを選択していかなければならないのです。